五月人形最新の記事

端午の節句五月人形

端午の節句五月人形は、毎年この時期になるとさまざまなお店で販売されるようになります。人形専門店やおもちゃ屋さん、インターネットのオンラインショップも端午の節句五月人形を購入することができます。

端午の節句とは、5月5日の子供の日のことをいいます。この端午の節句の歴史はとても古く、奈良時代から始まったといわれています。端午(たんご)は、月の端(はじめ)の午(うま)の日からきています。元々は5月だけではなかったのですが、午と五の音が同じとなるため毎月5日を端午とし、じきに5月5日を端午とするようにしました。
日本では、季節の変わり目となる端午の日に災厄や病気を避けるためのイベントが行われてきました。ショウブを浸したお酒を飲んだり、ランを入れたお風呂に入ったりといろんなことが行われていたのです。

端午の節句に五月人形を飾るようになったのは江戸時代に入った頃のようですね。大名や旗本が正装で江戸城に行き、将軍に御祝を奉じるようになったのです。また、将軍に男の子が誕生すると、玄関の前に馬印やのぼりを立てて御祝するようになりました。
現在でも端午の節句五月人形を飾るお家は多く、この端午の節句は地方によって異なるようですね。鎧や兜、こいのぼり、旗のデザインも個性があります。ちなみに端午の節句にかしわもちを食べたり、ちまきを食べるのは日本で一番古いお菓子のかたちを残したもの、だからなのです。元々は中国の戦国時代に伝わるお話なのですが、それが今でも続いているのはとてもすごいことだと思います。
端午の節句もいろいろ調べると面白いので、ぜひ書籍やインターネットなどを参考にして端午の節句について調べてみてはいかがでしょうか。

端午の節句五月人形は、いろんなお店で購入することができます。端午の節句五月人形の多くは職人さんの手作りとなります。時間をかけて丁寧に作られているため、小さな鎧や兜だけでも数十万円することもあります。ですが、この価格はお人形の大きさではないのです。

現在ではインターネットを利用すると気軽にお人形を購入することもできるのですが、丁寧に作られた端午の節句五月人形はどれも凛々しく、初節句にもピッタリな五月人形となります。これから五月人形を購入しようと検討している方は、ぜひさまざまなお店でたくさんの五月人形をじっくり見てきてはいかがでしょうか。実際の店舗で確認してからオンラインで購入すると失敗が少ないですよ。

 

 郵便事業民営化のデメリット  高速道路完全無料化のメリット  二輪車へのETC取り付け

五月人形について

端午の節句五月人形は、いろんなお店で購入することができます。端午の節句五月人形の多くは職人さんの手作りとなります。
カテゴリー
更新履歴
端午の節句五月人形(2009年9月 7日)
五月人形選び方(2009年9月 7日)
五月人形手作り(2009年9月 7日)
五月人形激安(2009年9月 7日)
五月人形ミニ(2009年9月 7日)